実際にごみが減るとどうなっていくのか

悪影響が減っていく

まず最も顕著に表れるのが、いろんなところにもたらされる悪影響がなくなっていくということです。

自宅や会社やお店から出た、ごみを燃やしたり埋め立てたりする人も中にはいらっしゃるでしょう。
ですがそれはいろんなところによくないことなのです。
ご自身の健康や周囲の環境にかなりの悪影響がもたらされますし、なによりも自然破壊につながっていきます。

また、発生した二酸化炭素などで天然資源にもダメージが加わり貴重なものが無駄になっていってしまいます。

そういったことを防ぐために、ごみを元から減らしていったりリサイクルなどを利用するという手があります。
最初はささやかなことでも、積み重なっていけば大きなことになっていきますのでどうか試してみてください。

地球温暖化の阻止

ところでこのコラムを読まれている方々は、地球温暖化の一番の原因はなにかご存知でしょうか。
それはごみを燃やしたりしたときに出てくる二酸化炭素だとされています。

この二酸化炭素の排出がもはや世界レベルで行われているので、地球温暖化がどんどん進んでいると言われています。

それを少しでも減らしていくためには、やはりごみを減らしたり5Rを始めとしたさまざまな方法で環境を守っていくということがいい方法だとされています。
そういったことで、二酸化炭素が発生していかないので、地球を救うことにつながっていくのです。

私たちが生きている地球を守るためには、こういったことを地道に続けていくことが大事なのではないかと思います。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ